ニキビ跡のクレーターも治療でおさらば!|美顔治療マスター

ニュース一覧

数回のケミカルピーリング

カウンセリング

治療に切り替えてみる

ニキビが治ったあとにデコボコとしたニキビ跡が残ることを、クレータータイプのニキビ跡といいます。このタイプは肌の奥の組織、真皮までが破壊されてしまった肌の状態です。真皮が破壊されているため、肌の表面がデコボコとしてしまうのです。このニキビ跡を消す方法は自宅では限界があります。たしかに、クレータタイプに対応した化粧品や、自宅ピーリング商品もあります。このケアを続けることで、肌のデコボコが目立たなくなる可能性はあります。しかし完全にきれいな状態に戻したいと希望している場合は、消す方法を治療として考えていきます。美容外科での消す方法は、化粧品のケアなどよりは費用がかかる可能性はあります。しかし美容外科の先生に1度診てもらい、治療法を相談してみると良いでしょう。

ケミカルピーリングとは

美容外科でのニキビ跡を消す治療としては、いくつかの方法があります。まず代表的なものはケミカルピーリングとレーザー治療です。ケミカルピーリングとは自宅でのピーリングとは違います。自宅でのピーリングは洗顔時にピーリング成分が入ったものを使います。またはピーリング成分がジェルのようなものに入っていて、そちらで軽く肌をこすり汚れ落とします。どちらも、ピーリング成分で顔の皮膚の汚れを落とすことをメインとしています。ケミカルピーリングは美容外科で薬剤を顔に塗ってもらい、その効果としては、顔の皮膚の古い角質を落とすことを目的にしています。美容外科での処置になりますが、麻酔の必要はありません。処置後は若干、肌の表面がピリピリするこもあります。何度か通院する必要があります。

RECOMMEND POST

ウーマン

評判を調査してみた

しみやたるみといった肌トラブルを始め、容姿にまつわる治療をする美容外科は沢山あります。銀座みゆき通り美容外科は自然な仕上がりをモットーに治療を進めるため、誰でも気軽に美しくなることが出来ます。

詳しく見る

医者

対策に使える医療機関

美肌を保つためには、化粧品等見直す箇所が沢山あります。ただ、化粧品で補うのも限界があるため、若々しい見た目を維持するためにもアイチエイジングが気軽に実感出来る整形で対策をする他ないでしょう。

詳しく見る

レディ

手術で取れる

目の下に現れるクマは正しい診断と適した方法で治療出来る時代です。日々治療技術は進化していますから、最新の方法を使うことで深刻なクマ問題も改善させられるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 ニキビ跡のクレーターも治療でおさらば!|美顔治療マスター All Rights Reserved.