ニキビ跡のクレーターも治療でおさらば!|美顔治療マスター

ニュース一覧

種類がある

相談

ニキビが出来て膿が出るような状態になると潰したくなりますが、それが赤みや色素沈着そしてクレーターといったニキビ跡の原因になることもあります。できるだけ潰さずに、そして触らずに薬や洗顔で治すようにしておくといいでしょう。しかし、それを知らずに潰してしまい、赤みや色素沈着だけでなくニキビ跡クレーターをたくさん作ってしまったという人も数多くいます。赤みや色素沈着は色が目立ちますが、ニキビ跡クレーターは肌の表面がでこぼこしていることで目立ってしまいます。クレーターはケロイドよりは酷くないものですが、数が多いといくら美人であっても印象があまりいいものでは亡くなってしまいますので、すぐに治療に取り掛かる方がいいでしょう。

治療に取り掛かる前にまずは自分がどんなニキビ跡クレーターであるのかを確認しておくといいでしょう。実はクレーターにも種類があり、それによって治療方法や治療期間が異なってくる事もあるからです。クレーターの種類は7種類あり、それぞれ異なったものになっています。毛穴の周辺が傷ついてしまったことで、開きっぱなしになったものが毛包周囲瘢痕、でこぼこが浅くて皮膚が薄い女性によく見られるもので浅斑状瘢痕、でこぼこが深くて広く皮膚が厚い男性に見られるものである深真皮瘢痕などがあるでしょう。

上記の三種以外には、でこぼこの幅が4ミリ以上でゆるやかに陥没したものであるローリングタイプ、でこぼこの幅が2ミリ程度の円錐状にへこんだものであるアイスピックタイプがあります。そして、脂肪層が萎縮してその影響で皮膚が陥没したものは脂肪組織の萎縮、自力で完治するのが難しくへこみのそこが平坦で箱形に陥没したものでボックスカータイプといったものがあります。それぞれ特徴がことなっていますので、自分がどんなクレーターであるかをしっかりと確認しておくといいでしょう。

RECOMMEND POST

ウーマン

評判を調査してみた

しみやたるみといった肌トラブルを始め、容姿にまつわる治療をする美容外科は沢山あります。銀座みゆき通り美容外科は自然な仕上がりをモットーに治療を進めるため、誰でも気軽に美しくなることが出来ます。

詳しく見る

医者

対策に使える医療機関

美肌を保つためには、化粧品等見直す箇所が沢山あります。ただ、化粧品で補うのも限界があるため、若々しい見た目を維持するためにもアイチエイジングが気軽に実感出来る整形で対策をする他ないでしょう。

詳しく見る

レディ

手術で取れる

目の下に現れるクマは正しい診断と適した方法で治療出来る時代です。日々治療技術は進化していますから、最新の方法を使うことで深刻なクマ問題も改善させられるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2017 ニキビ跡のクレーターも治療でおさらば!|美顔治療マスター All Rights Reserved.